HOME | ピアノのトリセツ | 11月〜4月は乾燥から守ってピアノにうるおいを

11月〜4月は乾燥から守ってピアノにうるおいを
 
実はダメージの大きい秋冬春の乾燥。種類が多くて悩む加湿器の選び方も掲載しています。

実は湿気よりもダメージが...


「ピアノに湿気はよくない」
 
昔から言われていて、多くの方がイメージすると思います。
たしかに湿気による故障は多く、部品がふくらんで音が出なくなったり金属がサビてしまうのははやっかいです。ただ、湿気による故障は意外とかんたんに修理ができたり、後々に影響しないものも多かったりします。

いっぽう乾燥の影響は「ネジがゆるむ」「接着がはがれる」などからはじまり、重度のものでは「部品がやせてグラグラになる」「木が割れる」など、部品の交換が必要だったり、ピアノ本体に大きなダメージを与えて回復が大変なものが多いんです。

演奏に支障が出やすいのは湿気ですが、実は本当に怖いのは乾燥なんです

 

乾燥の季節は年々強く長くなっています


10月中旬から空気は一気に乾燥しはじめ、ベストな湿度50%をどんどん下回ります。調律の際に毎回いろんなお宅の湿度を記録していますが、最近はピークの1〜3月頃は30%以下になることもめずらしくありません。
また暖房の風や熱によっての乾燥や、日が低くなることでの日光による乾燥など、この時期は乾燥のもとがたくさんあります。
 
最近のお宅は構造上乾燥しやすかったり、季節の変わり目がなく4月いっぱいまでは乾燥していたり、以前よりも気をつけないといけないと感じます。

 
ピアノを壊す乾燥


乾燥すると単純に音が下がります
弦の伸びやゆるみといった自然な狂いではなく、大きな力で無理矢理ピアノ全体がゆるまされるイメージでしょうか。ピアノに負担がかかる、よくない狂い方です。
 
弾き心地にあらわれる症状では、タッチがふわふわしたり、思った強さの音が出なかったり、カチャカチャと雑音がしたりと弾きづらくなってきます
 
雑音がするくらいはまだマシですが、部品がポロッととれてしまうと最悪で、音が出なかったり、逆に止まらなかったりは弾くのに大きな支障があります。
 
そして一番怖いのは「響板の割れ」
ピアノの大事なスピーカー部分である響板に亀裂が入ってしまうと音に張りがなくなったり、ビリビリと大きな雑音がしたり。修理をするにも工場に入れて大掛かりな作業となりますので一番避けたい故障です。響板は厚い板ですが、乾燥が強いと意外とかんたんに割れてしまい、実際にお客さまのピアノでも割れているピアノは結構あります。
 
湿気がピアノに「余計なものを足してしまう悪」だとすると、乾燥は「必要なものを奪っていく悪」と言えるかもしれません。
 

 加湿器に頼りましょう


そんな危険な乾燥ですが、対策は加湿器をつかうことが一番です。
 
加湿方式の違いがいくつかあり、おすすめは水を吸い上げたフィルターに風を当てて加湿する「気化式」です。

しずかで、電気代が安く、そこそこの加湿力でピアノには最適です。

逆にピアノに適さないのは「スチーム式」
ポットのようにお湯を沸かすタイプで、加湿力が高く衛生的ですが、結露しやすく、弦がサビたりと逆の問題も起こってしまいます。また、電気代も高い(気化式の20倍近くになることも)ので24時間使いたいピアノ用としては適していません。

その他には価格が安くおしゃれなデザインが多い「超音波式」これはピアノ用に限らずですが、衛生面からも加湿力からもオススメできません。

 

加湿器選びで大事なこと


湿度設定ができる気化式というのは最低条件で、加湿力、価格、デザイン、使い勝手、消費電力などを比べてご自分に合ったものを選ぶのが良いと思います。

そして意外と盲点なのがお手入れのしやすさ

加湿器は内部を湿らせてつかうものなので、菌や汚れが発生しやすくこまめなお手入れは必須です。
1週間ごとにはここまで外して水洗い、2週間ごとにはここまでバラして、1ヶ月に一回は全部開けてクエン酸にひたして・・・など、けっこう頻繁にそうじをしないといけないのは宿命です。

ほとんどのメーカーのウェブサイトで説明書が見られるので、ご購入前にはどういったお手入れがどのくらい必要なのか、果たしてそこまでできるだろうか・・・というところはぜひ確認してみてください。
 
フィルターは消耗品でシーズンごとに交換する必要があるため、なくなりづらい有名メーカーが良いかもしれません。

 
おすすめの加湿器


DAINICHI/HD-RX320

 
湿度設定ができ、運転音も静かでピアノ用としてはダントツでおすすめです。
実際に自宅のピアノの部屋(6畳の個室)でも使っていて、常に50%付近で保たれています。電気代を計測したところ1ヶ月24時間つけっぱなしで450円ほどでした。
 

 


※部屋の広さによって対応したモデルがあります(一番広いもので洋室24畳まで)

 

ただしくつかって効果UP 


ピアノを直接加湿するというよりは空間を加湿することが大事なので、部屋の真ん中や、空気が回りやすい場所に置くと効果的です。
エアコンの風や窓からの冷気、直射日光が加湿器に当たるとセンサーが正常にはたらかず加湿量がずれてしまうので避けてください。暖房で暖まりやすい床付近よりも少し高さのある台に置くとより良いようです。
 
ピアノにとっては湿度の差が大きいことも負担になります。
理想は24時間一定の湿度になることですので、50%または60%に設定をして24時間運転をし、可能な限り50%前後を保つようにしてください。
特に小さなタンクはすぐ空になり運転が止まってしまいますので、寝る前やお出かけの際はなるべく水を満タンにしておくと安心です。
 
逆に言えばそれだけやっておけば、あとは加湿器が勝手に整えてくれるので楽だと思います。

 

部屋干しでの加湿は逆効果


加湿器をつかわなくても洗濯物を部屋干しをすれば、湿度が上がって、電気代もかからない、洗濯物も乾いて一石三鳥で良いんじゃない?と思った方もいるのではないでしょうか。
でも部屋干しで湿度が上がるのは一時的で、上がり具合もコントロールできません。そして乾いたときにはまた乾燥した状態に戻ってしまいます。
そうなると湿度の差が大きく、湿気の故障と乾燥の故障のダブルパンチとなってしまい逆効果です。
 
同じように濡れタオルに風を当てる対策もNGです。
 
湿度を一定に保つためには、どうしても加湿器が必要になります。

 

乾燥対策はすべてのピアノと人に


湿気よりも乾燥は不快に感じづらいので見逃されがちです。
でも冬の乾燥は年々ひどくなっていて、加湿器をつかわなくて大丈夫なお宅のほうが少ないと思います。
対策をすると音の狂いや故障が少なくなり、ピアノの寿命も伸びますのでぜひ加湿器のご用意を。余談ですが湿度を保つと冬の感染症予防や肌の保湿にもよく、単純に快適なので人にとってもやらない手はありません。


ピアノに適した温湿度について

トリセツ一覧へ戻る